骨付鳥 一鶴 中府店は行列のできる人気の店 | 丸亀市中府町

ヨス

執筆者

香川県丸亀市在住。香川で生まれ、育ったブロガー。2013年に始めたブログ「ヨッセンス」は月に100万回読まれるブログに。香川県の楽しいところ、美味しいものを紹介します。著書『効率化オタクが実践する 光速パソコン仕事術』『読まれる・稼げる ブログ術大全』。

今回は丸亀市中府町にある「骨付鳥 一鶴 中府店」を紹介します。

このお店は丸亀市の名物である「骨付鳥」を食べられるお店です。

骨付鳥
骨付鳥

もともと人気のお店でしたが、丸亀市が特産物にしたこともあり人気に拍車がかかりました。

本記事では骨付鳥 一鶴 中府店がどういうお店か紹介しますね。

「骨付鳥 一鶴 中府店」の詳細情報

まずは、骨付鳥 一鶴 中府店の詳細情報をまとめました。

店名骨付鳥 一鶴 中府店
住所香川県丸亀市中府町1-2-3
電話0877-22-9100
営業時間【平日】
11:00~13:45・17:00~21:30

【土日祝】
11:00~21:30
定休日木曜日
駐車場あり
電子マネー・クレジットカードカード可
VISA、Master、JCB、AMEX、Diners

電子マネー可
交通系電子マネー(Suicaなど)、楽天Edy、iD、QUICPay
喫煙状況完全禁煙
公式サイトhttp://www.ikkaku.co.jp/
備考
「骨付鳥 一鶴 中府店」の詳細情報

「骨付鳥 一鶴 中府店」への行き方(アクセス)・地図

骨付鳥 一鶴 中府店への行き方(アクセス)は車がオススメです。

場所はハローズのすぐ近くですよ。

国道11号線から行く場合は、スシローの角を北に向かって行けば左手側に見えます。

「骨付鳥 一鶴 中府店」の最寄り駅

骨付鳥 一鶴 中府店の最寄り駅はJR丸亀駅

ただし、徒歩で25分ぐらいかかってしまうので車がオススメです。

ちなみに丸亀駅の近くには一鶴 丸亀本店があるので、電車の人はそちらに行きましょう。

「骨付鳥 一鶴 中府店」の混雑状況

骨付鳥 一鶴 中府店の混雑状況は基本的に夜は混んでいます

特に週末や連休には行列になるのを覚悟しておきましょう。

あと、一鶴 土器川店は水曜日が定休日になるので、水曜はこちらにお客さんが流れ込み、混みますよ。

「骨付鳥 一鶴 中府店」の外観・内観

今度は骨付鳥 一鶴 中府店の建物や雰囲気を紹介しますね。

「骨付鳥 一鶴 中府店」の外観

骨付鳥 一鶴 中府店の外観の様子です。

この日は金曜の夜だったのでこんなに行列になっていました。

丸亀城にちなんで「石垣」をデザインに取り込んでいるのが素敵ですよね。

お店は2階にあり、1階部分は駐車場になっています。

「骨付鳥 一鶴 中府店」の入り口付近の様子

骨付鳥 一鶴 中府店の入り口付近の様子です。

自動ドアを入るとすぐにカウンターがあり、テーブルは左右に分かれています。

東京オリンピックの前までは左手が喫煙席、右手が禁煙席でしたが現在は全席禁煙になっていますよ。

「骨付鳥 一鶴 中府店」の中の様子

では、骨付鳥 一鶴 中府店の中に入りましょう。

「骨付鳥 一鶴 中府店」の雰囲気

骨付鳥 一鶴 中府店の雰囲気はゆったりした空間です。

外観だけでなく、中のデザインも洗練されていますよね。

骨付鳥 一鶴 中府店の照明はこちら。

紙でできたペンダントライトです。

「骨付鳥 一鶴 中府店」のテーブル

骨付鳥 一鶴 中府店のテーブルはこんな感じです。

「骨付鳥 一鶴 中府店」の料理

では、骨付鳥 一鶴 中府店の料理を紹介します。

「骨付鳥 一鶴 中府店」のメニュー

骨付鳥 一鶴 中府店のメニューです。

おやどり1,129円
ひなどり1,001円
「骨付鳥 一鶴 中府店」の骨付鳥メニュー

なんともシンプル!! そして「おやどり」の値段はぜったい1129イイニクを意識していますよね(笑)。

「おやどり」はゴムのようにかなりの噛みごたえがあり、酒飲みにオススメ。そして「ひなどり」はやわらかいので、誰でもおいしくいただけます。

そのほかのメニューもありますよ。

一部を書き出します。

とりめし(スープ付き)534円
むすび(スープ付き)357円
サラダ534円
かわ酢476円
しょうゆ豆416円
「骨付鳥 一鶴 中府店」のメニュー

飲み物のメニューはこちら。

【骨付鳥 一鶴 中府店のオススメ】ひなどり

骨付鳥 一鶴 中府店のオススメ料理を紹介します。

それは「ひなどり」です。

骨付鳥
骨付鳥

この骨のところに紙ナプキンを巻き、手にとってかぶりつきましょう!

骨付鳥の食べ方も書いてありますよ。

「おやどり」と違い、「ひなどり」はやわらかいので万人にオススメできます。

ただしこれは完全に好みの問題で、お酒を飲む人は「おやどり」を頼む場合が多いです。

一鶴の骨付鳥には、かなりの塩とスパイスが使われているので、薄味にすることもできますよ。

注文するときに「薄味で!」と言えばオッケーです。

キャベツもいっしょについてくるので、肉→キャベツ→肉→キャベツの無限ループを楽しみましょう。

骨付鳥の味が濃いこともあり、キャベツがかなり甘く感じられるんです。

キャベツはおかわりできるので、食物繊維もしっかりと摂れます(笑)。

骨付鶏の油に浸して食べるのもオススメ。

「骨付鳥 一鶴 中府店」のそのほかの料理

骨付鳥 一鶴 中府店のそのほかの料理を紹介します。

とりめし

骨付鳥とセットで食べてほしいのは「とりめし」です。

これがおいしい!

錦糸卵の下にはもちろん「とり」が入っています。

さらにはスープもついています。

このスープは鶏の皮をダシにした「とりスープ」です。

「とりめし」と「とりスープ」のセットは最強ですよ。

わたしは「とりめし」が好きすぎて、骨付鳥を頼まずに「とりめし」を2つ頼んだことがありますが、これは失敗でした(笑)。

やはり骨付鳥あっての「とりめし」です。2杯も食べたら飽きるし、物足りなかったです。

サラダ

こちらはサラダです。

「サラダ」という名称ですが、「レタス」ですね。

上にカリカリベーコンとドライオニオンがふられています。

かわ酢

かわ酢です。

かつおぶしが載りすぎているので、ほじりますね(笑)。

こんな感じで油で揚げた鶏の皮が酢の味つけがされています。

これ、めちゃくちゃおいしいので、ぜったいにトライしてみてください!

しょうゆ豆

香川県の郷土料理であるしょうゆ豆もありました。

まとめ

さて今回は「骨付鳥 一鶴 中府店」に行ってきました。

一鶴は県外にもお店が進出しているので、県外の人でも知っている方がいます。

もし県外のお友達をつれて連休に行く場合は、並ぶのは覚悟で行ってくださいね。